風の薫り(手づくり工房/富山) > 風の薫り通信 > 梅しごとで使う容器について

梅しごとで使う容器について

梅しごとをするために、それぞれに適当な容器が必要になります。

【梅干し】

梅干しは、最初に梅を塩に漬け込むところで、漬け込み樽が必要になります。

手軽なのはこんな

ポリの漬物樽ですが、ホウロウ、陶器など、お好みのものを選ばれるといいです。

大きさは漬ける梅の3倍以上がいいです。

梅1キロなら、3リットル以上、

梅2キロなら、6リットル以上、、、

ただ、1キロ程度の少量の梅を漬ける場合は、チャック付きの袋の中で漬けた方がうまくいく場合があります。(詳しくは梅しごとの会でお話します)

その場合、漬けた梅が潰れないよう、大きめのタッパーなどをお持ちください。

重石も必要です。漬ける梅と同じ重さの重石をご用意ください。チャック付きの袋に水を入れて、重石代わりにしてもいいです。

土用干しが終わった後は、

 

こんなのに入れて、保存することをお勧めします。詳しくは梅しごとの会でご説明します。

【梅ジュース】

梅ジュースは、

こんな容器がいいです。

こちらは、梅の量の3~4倍の容量があるといいです。

梅ジュース500ml(梅500g)なら、2リットル、

梅ジュース1リットル(梅1キロ)から、4リットル、など。

【梅酒】

梅酒は、梅ジュースと同じ容器をご用意ください。

容量は、梅酒1リットルなら、3リットルの容器が必要です。

どれも、ホームセンターの漬物コーナーに売っています♪♪

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

風の薫り(手づくり工房/富山) > 風の薫り通信 > 梅しごとで使う容器について

このページの著者情報

手作りの魅力を一人でも多くの人に感じてほしい。そして、手作りをすることの喜びや手作りされたものを味わう楽しみを多くの方と共有したい。2013年に手づくり工房 風の薫りを富山市で開設。ベーコン、ソーセージ、味噌や麹、季節の保存食などを作る会を開催しています。

風の薫り通信
(最新5件)

手作りごはんのお助け便通信【2018年7月第3週目メニュー】

更新日:2018年07月15日

7月3週目のお助け便メニューです。お申込みは、7月15日24時まで。 7月18日(水)18:00~2 …

続きはこちら

手作りごはんのお助け便通信【2018年7月第2週目メニュー】

更新日:2018年07月07日

7月2週目のお助け便メニューです。お申込みは、7月8日24時まで。 7月11日(水)18:00~20 …

続きはこちら

手作りごはんのお助け便通信【2018年7月第1週目メニュー】

更新日:2018年07月01日

7月1週目のお助け便メニューです。お申込みは、7月1日24時まで。 7月4日(水)18:00~20: …

続きはこちら

手作りごはんのお助け便通信【2018年6月第4週目メニュー】

更新日:2018年06月23日

6月4週目のお助け便メニューです。お申込みは、6月24日24時まで。 6月27日(水)18:00~2 …

続きはこちら

梅しごとで使う容器について

更新日:2018年06月19日

梅しごとをするために、それぞれに適当な容器が必要になります。 【梅干し】 梅干しは、最初に梅を塩に漬 …

続きはこちら
手作りとはんのお助け便とは
風の薫りFacebook
風の薫りInstagram
お問い合わせ電話番号
お問い合わせメール
ページトップへ
風の薫り(手づくり工房・富山)